ビキニラインの処理こそプロの手に委ねよう

私は30代の専業主婦です。

脱毛での失敗談はたくさんあるのですが、その中でも特に失敗したエピソードについて語ります。

ビキニラインの脱毛なのですが、一番いいのは光脱毛に間違いないと思っていたのですが当時は脱毛にお金をかける余裕が無く自己処理で脱毛をやり始めました。
初めは剃刀で処理していたのですが生え始めがチクチクして下着とこすれて痒くなったり、肌自体も乾燥して粉をふいてしまっていたので違う方法に切り替えました。

毛抜きで一本一本抜く方法に変えたところ、生え始めの痒みはなく表面もつるっとしていてこれは成功したなと思いました。
が、毛抜きで無理やり毛を引っこ抜いていたため次に生えてくる毛が皮膚に埋もれてしまっていました。

それだけなら毛抜きで皮膚表面をつつけば埋もれ毛を引っ張り出すことができるのですが、処理の際に毛穴にばい菌がはいったようで湿疹がいくつかできてしまいました。

湿疹用の軟膏を塗り続けたので炎症は収まりましたが、湿疹部分の皮膚が痒くて掻いていた部分は色素沈着が残りました。肌へのダメージは大きかったし、結局しばらくするとうっすらと毛が生え始めてきたのでケチらないでプロの手に任せればよかったと後悔しています。